甲信越ホテル

上高地帝国ホテル

上高地帝国ホテル

の郷、神河内と呼ばれ聖域だった頃から変わらぬ地、上高地。上高地帝国ホテルはその自然は神秘的なまでに美しく、訪れる人々を魅了しつづけています。清らかな梓川、気高き穂高の山々、静寂なたたずまいの明神池…。季節が織りなすハーモニーの中で過ごす時こそ、最高の贅沢。

昭和8年(1933年)、日本初の本格的山岳リゾートホテルとして誕生した上高地帝国ホテル。赤い三角の屋根と丸太小屋風の外観、上高地帝国ホテルのシンボルともいえるロビーラウンジのマントルピースが皆さまをお迎えいたします。

ホテル検索

上高地帝国ホテル(施設情報)

住所 長野県松本市安曇上高地
駐車場 なし
交通アクセス ■中央線特急にて(新宿駅より)
松本駅まで約2時間50分。松本駅よりアルピコ交通上高地線に乗り換え、終点 新島々駅へ30分。新島々よりアルピコバスにて、約1時間05分。
■北陸新幹線にて(東京駅より)
長野駅まで1時間50分、篠ノ井線で松本駅まで約50分。松本駅よりアルピコ交通上高地線に乗り換え、終点 新島々駅へ30分。新島々よりアルピコバスにて、約1時間05分。

(お客さまの声)

  • 今回2回目の利用です。上高地の雄大な自然の中、ぽっかりと赤色の屋根が表れた瞬間に、この上なくワクワクした気持ちになりました。今回も素晴らしい接客と、美味しい食事をありがとうございます。夕食に、もう少しだけ手頃な料理があるといいなーと思い、星を4つにしました。 上高地の散策も最高の時間でした。
  • 憧れのホテルに初めて宿泊しました。スタッフの方もお掃除の方も皆親切でゆっくりできました。またお部屋の洗面所の蛇口から湧水が飲める事にびっくり!おかげでペットボトルの飲料もあまり買わずに済み、朝寝起きの水分補給もありがたかったです。

このページの先頭へ