温泉とは?

温泉法の定義でこの法律で「温泉」とは、地中からゆう出する温水、鉱水及び水蒸気その他のガス(炭化水素を主成分とする天然ガスを除く)で、別表に掲げる温度又は物質を有するものをいう。

したがって、地中から湧出する際の温度が、25℃以上であれば無条件で温泉ということになり、また、25℃未満であっても別表の物質(19種類のうちいずれかひとつ以上)の条件をみたせば、温泉ということになります。

温泉法

温度(温泉源から採取されるときの温度とする。)摂氏25度以上

物質(下記に掲げるもののうち、いづれか一)

物質名 含有量(1キログラム中)
溶存物質(ガス性のものを除く。) 総量1,000ミリグラム以上
遊離炭酸(CO2) 250ミリグラム以上
リチウムイオン(Li*) 1ミリグラム以上
ストロンチウムイオン(Sr**) 10ミリグラム以上
バリウムイオン(Ba**) 5ミリグラム以上
フエロ又はフエリイオン(Fe**,Fe***) 10ミリグラム以上
第1マンガンイオン(Mn**) 10ミリグラム以上
水素イオン(H*) 1ミリグラム以上
臭素イオン(Br') 5ミリグラム以上
沃素イオン(I') 1ミリグラム以上
ふつ素イオン(F') 2ミリグラム以上
ヒドロひ酸イオン(HAsO4'') 1.3ミリグラム以上
メタ亜ひ酸(HAsO2) 1ミリグラム以上
総硫黄(S)〔HS'+S2O3Sに対応するもの〕 1ミリグラム以上
メタほう酸(HBO2) 5ミリグラム以上
メタけい酸(H2SiO3) 50ミリグラム以上
重炭酸そうだ(NaHCO3) 340ミリグラム以上
ラドン(Rn) 20(100億分の1キュリー単位)以上
ラヂウム塩(Raとして) 1億分の1ミリグラム以上

鉱泉分析法指針による分類

鉱泉分析法指針による分類

環境省の定める鉱泉分析法指針では「常水」と「鉱水」を区別する。 湧出時の温度が摂氏25度以上であるか、または指定成分が一定の値以上である場合、これを「鉱水」と分類する。

したがって、良質、つまり含まれる成分をよく知り、はたして自分の病気に適応するか、どうかをしっかりと見きわめて利用するのが温泉療法の大切なポイントとなるわけです。

鉱泉分析法指針では湧出または採取したときの温度により以下の四種類に分類される

①冷鉱泉 - 摂氏25度未満
②微温 - 泉摂氏25度以上摂氏34度未満
③温泉 - 摂氏34度以上摂氏42度未満(狭義の温泉)
④高温泉 - 摂氏42度以上

温泉の種類

単純温泉 特定の成分が一定以上含まれていないと単純泉となる。無色透明・無臭。 肌の弱い人、高齢者、子供に向

食塩泉(ナトリウム塩化物泉) 食塩を含み、なめると塩辛い。入浴後も塩分が皮膚を覆い、汗を蒸発させないので、体がよく温まる

ナトリウム・炭酸水素塩泉(重曹泉) 無色透明。肌がとてもつるつるし、美人の湯と呼ばれることも多い

硫酸塩泉(3種類ある)①亡硝泉(ナトリウム硫酸塩泉)②石膏泉(カルシウム硫酸塩泉)③正苦味泉(マグネシウム硫酸塩泉)

炭酸泉 泉水に炭酸ガスが溶け込んでいて、ぬるいのが特徴

鉄泉 炭酸鉄泉は赤茶色、緑ばん泉は半透明の緑色ににごっていることが多い

硫黄泉 「卵のくさったにおい」のような鼻をつく独特のにおいがある。お湯は白くにごる。成分が強いので高齢者、病弱者は避けたほうがよい

酸性泉 硫酸や塩酸、ほう酸などを含む温泉でにおいが強い。 刺激が強く、子供や皮膚の弱い人には適さない

放射能泉 ラジウム泉、ラドン温泉などと言われています。(放射能というと有害だと思いがちですが、安全です)

このページの先頭へ